Hatena::Groupsubtech

冬通りに消え行く制服ガールは✖夢物語にリアルを求めない。

 | 

Jul 04, 2009 (Sat)

Scala で WAF を書きはじめる、前の第一歩 13:27 はてなブックマーク - Scala で WAF を書きはじめる、前の第一歩 - 冬通りに消え行く制服ガールは✖夢物語にリアルを求めない。

じゃう゛ぁとかよくわからないし的なレベルではじめようとすると前段階で躓くので、Rack とか HTTP::Engine 的に、あとはハンドラを書けばokみたいな状態にするまでのメモ

Java なウェブアプリは WAR とかいう形式にしてやると、サーブレットコンテナ (Jetty とか TomCat とか?) というものがよしなに起動してくれるようになるらしいです。GAE/J もそう。なので、それに沿ったものを作ります。

.
|-- src
|   |-- META-INF
|   |   `-- jdoconfig.xml
|   `-- net
|       `-- lowreal
|           `-- skirts
|               `-- HttpRequestDispatcher.scala
`-- war
    |-- WEB-INF
    |   |-- classes
    |   |   |-- META-INF
    |   |   |   `-- jdoconfig.xml
    |   |   `-- net
    |   |       `-- lowreal
    |   |           `-- skirts
    |   |               `-- HttpRequestDispatcher.class
    |   |-- lib
    |   |   `-- scala-library.jar
    |   |-- logging.properties
    |   `-- web.xml
    |-- css
    |   `-- base.css
    |-- images
    |-- index.html
    |-- js
    `-- static

war ディレクトリ以下が公開される (WEB-INF を除く) ディレクトリで、WEB-INF 以下にアプリケーション実体があり、WEB-INF/web.xml でルーティング設定をします。

web.xml ではふつう、URI -> Servlet の対応を XML で書くっぽいですが、そこらへんのことをむしろ自分でやりたいわけなので

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE web-app PUBLIC
 "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
 "http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">

<web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/javaee" version="2.5">
  <filter>
    <filter-name>HttpRequestDispatcher</filter-name>
    <filter-class>net.lowreal.skirts.HttpRequestDispatcher</filter-class>
    <init-param>
      <param-name>foo</param-name>
      <param-value>hogehoge</param-value>
    </init-param>
  </filter>

  <filter-mapping>
    <filter-name>HttpRequestDispatcher</filter-name>
    <url-pattern>/*</url-pattern>
  </filter-mapping>
</web-app>

というふうにフィルタで全部横取りします。

あとはフィルタ書けばいいだけなので

package net.lowreal.skirts

import javax.servlet._
import javax.servlet.http.{HttpServlet, HttpServletResponse, HttpServletRequest}

class HttpRequestDispatcher extends Filter {
  var static = """^/(?:css|js|images|static).*""".r
  val through = """^/_.*""".r
  var router:HttpRouter = null

  def init (filterConfig: FilterConfig) = {
    println("initializing...")

    val config_foo = filterConfig.getInitParameter("foo")

    println("initialized config: " + config_foo)
  }

  def doFilter(request: ServletRequest, response: ServletResponse, chain: FilterChain) = {
    // ここでなんかする
    (request, response) match {
      case (req: HttpServletRequest, res: HttpServletResponse) =>
        val path    = req.getRequestURI
        val statics = static
        path match {
          case statics() =>
            chain.doFilter(request, response)
          case through() =>
            chain.doFilter(request, response)
          case _ =>
            // router.dispatch(req, res)
        }
      case _ => chain.doFilter(request, response)
    }
  }

  def destroy () = {
    println("destroy")
  }
}

アプリケーション起動時に init がよばれ、リクエストごとに doFilter がよばれてくるので、doFilter で request, response を適当にいじくればいいことになります。ここで chain.doFilter(request, response) をすればデフォルトのハンドラが呼ばれるっぽいので、普通は war 以下の static なものがそのまま返されます。

throught() は GAE/J のテストログインハンドラのためのやつです。(/_login? とかを GAE/J 側がハンドルしてる)

 | 

スポンサード リンク

書いてる人

cho45 (佐藤広央) (www.lowreal.net)

Perl, JavaScript, Ruby, HTML, CSS, Web etc


スポンサード リンク