Hatena::Groupsubtech

冬通りに消え行く制服ガールは✖夢物語にリアルを求めない。

 | 

Feb 04, 2010 (Thu)

Fotolife for Android リリース 23:45 はてなブックマーク - Fotolife for Android リリース - 冬通りに消え行く制服ガールは✖夢物語にリアルを求めない。

Fotolife for Androidがリリースされました。

期間的にはだいたい1ヶ月で、そんなに短かいわけではないのですが、割と大変でした。Android ケータイはもちろん持っていて、使っていたわけですが、開発は Scalarake 使って Hello, World! を動かす程度しかやっておらず (いろいろ間違ってる)、Java 自体、RhinoScala で間接的に一部 API を使ったことがあるだけで、ちゃんと Java のコードを書いたのは開発が決まってからでした。

Java の文法・API」と「AndroidAPI・バッドノウハウ」の二重でハマるので、特に最初の2週間は、アプリケーションも形にならず (アップロードもできず、表示もろくにできなかった)、たいへんしんどかったです。ちゃんとしたマルチスレッドも、普段 Perl, JavaScript ばかりなので同期方に慣れずに苦労しました (Ruby も割とシングルスレッド脳で書いてるし)、というか、いまもしてます。

スレッドまわりに関しては「Java 言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編」を借りて読んだり、「Java 並行処理プログラミング」を買ってもらって読んだりしてみました。どちらも解りやすく、後者は特に何を使うべきかが明確で実践に即応用できたので良かったです。java.util.concurrent スゲー! ってことで使いまくってます。ソースコードは Future だらけです。new Thread() を全然書いてないです。

基本的に、Android の開発は Google のオフィシャルのドキュメントをちゃんと熟読するのが近道だと思いました。あと、それだけだと、僕みたいなのは頭に入ってこないので、android のレポジトリを全部落としてきてデフォルトで入っているアプリのソースを読むのがいいと思いました。SDK のサンプルは最小限で、それはそれでいいのですが、もっと具体的にどうするのかがよくわからなかったりするので、やっぱちゃんと動いてるコードは偉大です。

Java は食わず嫌いでしたが、やってみると案外楽しくて、思ったより書いていてイライラしない言語だなぁと思いました。基本部分のAPI (特に Stream 系) は死ぬほど冗長で意味がわからないのですが、Android 関係の API は割と普通に使える印象でした。(そのうち書きますが EclipseVim を連携させて書いてます) 匿名クラス萌えです。

id:secondlife さんディレクションのもと開発し、id:nagayama さんに各種アイコンのデザイン、id:aaron さんに英語リソースのチェックをしてもらい、id:tikeda さん、id:hakobe932 さんに直前にフィードバックを貰いました。

しばらく社内用に書いたノウハウを公開していこうと思います。Fotolife for AndroidAPI (インテント) も公開するので少々お待ちください。


 | 

スポンサード リンク

書いてる人

cho45 (佐藤広央) (www.lowreal.net)

Perl, JavaScript, Ruby, HTML, CSS, Web etc


スポンサード リンク