Hatena::Groupsubtech

ういはるかぜの化学

Sunday, December 01, 2013

Internet Explorer 11のタブとウィンドウをつかう 11:25 Internet Explorer 11のタブとウィンドウをつかう - ういはるかぜの化学 を含むブックマーク はてなブックマーク - Internet Explorer 11のタブとウィンドウをつかう - ういはるかぜの化学

このエントリーInternet Explorer Advent Calendar 2013の1日目です。

最初のあたりは簡単なTipsがいいかなということでInternet Explorer 11の新しいUIのほうでタブとウィンドウの使いこなしをちょっとご紹介します。

タブ(とアドレスバー)を常に表示する

特に何も設定していない新しいUIInternet Explorerではページの読み込みが終わるとタブとアドレスバーが隠れるようになっています。そのためタブを操作するにはアプリバーの呼び出しジェスチャー右クリックをして再表示してあげる必要があります

そのような操作わずらわしく感じるであるとか常にタブの一覧やアドレスバーを表示しておきたい、といった場合には設定のオプションから「常にアドレスバーとタブを表示します」というオプション有効にすることでタブが常に表示されるようになります

f:id:mayuki:20131201040040p:image

f:id:mayuki:20131201040041p:image

ちなみにタブの並び替えには対応していないようです。ざんねん。

タブはウィンドウあたり100個まで開くことができることになっています。そのうち利用されていないタブは自動的にアンロードされる(iOSAndroidブラウザと同じですね)のでメモリを使いすぎることはないでしょう。

Grouping together the navigation and tabs provides better control, with support for up to 100 open tabs per window.

What's New in Internet Explorer 11

ウィンドウを開く

Internet Explorer 11からタブとは別に新しいウィンドウを開くことができるようになりました。ウィンドウを開くどういうことができるのかというと画面分割で複数のページを並べることができます。捗りますね。

f:id:mayuki:20131201040042p:image:w640

ページを新しいウィンドウで開くには下記の方法があります

ちなみに解像度とスケーリングモードによっては3つのウィンドウを並べることもできます。便利ですね。

f:id:mayuki:20131201040043p:image:w640

デスクトップ版のはなし

ちなみにInternet Explorer 9のころからですが、タブやメニューアイコンのあたりを右クリックするとタブをアドレスバーと同列ではなく一段下に並べるということができるようになっています

f:id:mayuki:20131201114215p:image

f:id:mayuki:20131201114216p:image

トラックバック - http://subtech.g.hatena.ne.jp/mayuki/20131201