Hatena::Groupsubtech

ういはるかぜの化学

Thursday, December 05, 2013

Internet Explorerちょっと便利な機能 03:45 Internet Explorerのちょっと便利な機能 - ういはるかぜの化学 を含むブックマーク はてなブックマーク - Internet Explorerのちょっと便利な機能 - ういはるかぜの化学

このエントリーInternet Explorer Advent Calendar 2013の5日目です。

今日Internet Explorerであまり知られてそうで知られていないちょっと便利に使える機能を紹介します。

クリップボード文字列検索する、URLを開く

Google ChromeなどではクリップボードにあるURLアドレスバーに貼り付けるとともに移動ということができるのですが、デスクトップ用のInternet Explorerではアドレスバーに貼り付けて移動というのはなかったりします。

そのかわりクリップボードの内容で開くというメニューがコンテキストメニューショートカットキーで用意されています

f:id:mayuki:20131206033920p:image

URLまたは検索したい文字列クリップボードコピーした状態でコンテキストメニューを表示するとコピーしたアドレスに移動(コピーした文字列検索)という項目が選べ、移動できます。また、Ctrl+Shift+Lを押すことでもその機能を発動できます

ちなみにあえて「デスクトップ用の」と書いたのはいわゆる新しいUIInternet Explorerにはちゃんと貼り付けて移動が用意されているためです。

f:id:mayuki:20131206033921p:image

右クリックまたはタップアンドホールドするとコンテキストメニューが表示されて選択できます

アクセラレーターを使う

デスクトップ版のInternet Explorerにはアクセラレーターと呼ばれる簡易的な拡張が用意されています

例えば…

などなどがコンテキストメニューから実行できる便利ツールです。

f:id:mayuki:20131206033922p:image

これらを利用するには…

といった方法で追加することができます。他にもはてなブックマークのアクセラレーターもあったりするのでどうぞご利用ください。

実体は単なるHTMLが呼び出されるだけなので作ることができますので我こそはという方は作ってみるとよいのではないでしょうか。まあ新しいUIのほうでは動かないですけど…。

no title

ActiveX フィルター

ActiveX フィルターという機能Internet Explorer 9から追加されました。

これは何かというとActiveXを利用を許可しないようにする機能です。ActiveXまりページ内プラグイン的なものを動作させたくないと思っている場合には役に立ちます

例えば、Flashを見たくない(意図的に)、プラグインによる脆弱性不安、何か変なプラグインアクティブ化されてパフォーマンスが落ちるのが嫌などなどそういう時に使えます

ActiveXフィルターはメニューのセーフティーの中にActiveX フィルターという項目があるのでそれを選択するだけとオン/オフは実に簡単です。

最近Flashコンテンツも減ってきたのでActiveXフィルターオンで使っていて、どうしても必要な時だけ解除するという使い方でも結構いけるのでオススメです。

新しいセッション

「新しいセッション」は割と知られていない機能ですが、セッションCookieを引き継がず新しいウィンドウを開く機能です。

セッションCookieブラウザが起動している間のみ有効Cookieで、例えばはてなログインするときに「次回から入力を省略する」というチェックを外すとログイン状態はセッションCookieで保持され、ブラウザを閉じるとログアウトされた状態になります

「新しいセッション」を実行するとセッションCookieを引き継がずに新しく開くことができるため、複数ログインに利用できたりといった使い方ができます。ただし永続的なCookieは引き継がれてしまうので使えないこともあります

この機能はAltキーを押すことで表示されるファイルメニューから発動できます

f:id:mayuki:20131206033923p:image

まとめ

というわけでメジャーなようなマイナー機能を紹介してみました。ActiveXフィルターとかアクセラレーターはそれなりにオススメですし、コピーしたURLを開くのもわかりにくいですけど便利です。

時間がないので内容がだいぶ雑くなってるのではないかとかなんとか…。

トラックバック - http://subtech.g.hatena.ne.jp/mayuki/20131205