otsune's SnakeOil RSSフィード

python -c "print''.join([chr(x) for x in 111&1101,110+~-~11,10^11*11,110+~-~11,-~101,-~11^11*11,~-110,111&11*11,11+11+10,11|~-0110,1-~11^11*11,10^11*11,-~11^11*11,110,101])"

2006-09-19

Macのバイナリー版PlaggerをPlatypusで作ってみた

Macのバイナリー版PlaggerをPlatypusで作ってみた - otsune's SnakeOil  を含むブックマーク はてなブックマーク - Macのバイナリー版PlaggerをPlatypusで作ってみた - otsune's SnakeOil  Macのバイナリー版PlaggerをPlatypusで作ってみた - otsune's SnakeOil  のブックマークコメント

(追記:スペルまちがってた。s/playtus/Platypus/)

Platypus | Sveinbjorn Thordarson |というスクリプトを簡単にドロップレットに出来るツールでplaggerをパッケージにしてみた。

元ネタはno titleから。

CPAN/usr/bin/の各種実行ファイルは要らないと思うので、plaggerplagger-ircbot以外は消した。

assetsは指定が無い場合は

File::Spec->catfile($FindBin::Bin, "assets");

を見るので、CPAN/usr/bin/assetsに入れる事にした。

plagger assets

Platypusをたちあげて起動スクリプトを登録する。

playtus

itemsにCPANを追加するのも忘れずに。

そして起動スクリプトを

plagger.sh

#!/bin/sh
PLAGGER_MAC_ROOT=$1/Contents/Resources

export PERL5LIB="$PLAGGER_MAC_ROOT/CPAN/lib/perl5/site_perl"
/usr/bin/perl $PLAGGER_MAC_ROOT/CPAN/usr/bin/plagger -c "$2"

と変更。

$1に起動アプリが入り、$2にドロップされたファイルのパスが渡る。

Is droppableをオンにして、ドロップできるファイルの拡張子yamlに設定する。

playtus

これでCreateすればPlagger.appが出来る。

manと余分な実行ファイルを削除してだいたい45Mぐらいになった。

plagger

アイコンはXcode付属のIcon Composerで新ロゴを読み込んで作成した。Platypusで生成するときにカスタムアイコンを指定することで適用出来る。