otsune's SnakeOil RSSフィード

python -c "print''.join([chr(x) for x in 111&1101,110+~-~11,10^11*11,110+~-~11,-~101,-~11^11*11,~-110,111&11*11,11+11+10,11|~-0110,1-~11^11*11,10^11*11,-~11^11*11,110,101])"

2008-06-15

githubでforkして開発してみる

| githubでforkして開発してみる - otsune's SnakeOil  を含むブックマーク はてなブックマーク - githubでforkして開発してみる - otsune's SnakeOil  githubでforkして開発してみる - otsune's SnakeOil  のブックマークコメント

http://github.com/koshian/foltia-the-next-generation/tree/masterid:KoshianXが弄ってるFoltia NGを開発してみたので、その手順をメモっとく。

githubにアカウントを作ってforkボタンを押すと、github上でも公開できる。(別にgithubにわざわざリポジトリを作る必要性は無いけど)

あらかじめ

cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy

ssh公開鍵をクリップボードに入れておいて、githubに登録しておくのを忘れずに。

forkできたら適当なディレクトリを

mkdir -p ~/project/git/

cd ~/project/git/

などと掘って、

git clone git@github.com:otsune/foltia-the-next-generation.git

としてクローンする。

あとはファイルを追加したり弄ったりしたら

git add somefile

しておいて

git commit -a

でコミットする。

git push

githubの公開リポジトリにもコミット出来る。

git remote add koshian git://github.com/koshian/foltia-the-next-generation.git

という感じでリモートリポジトリに名前をつけておく。この例でいえば「koshian」

git pull koshian master

で、koshianのリポジトリに加えられた変更をもってきてマージする。

追記

このへん読めば詳しい事書いてある。