Hatena::Groupsubtech

#生存戦略 、それは

-> 06 { 10 / 12 }

dRuby の通信データに yaml を使

17:26 | はてなブックマーク - dRuby の通信データに yaml を使 - #生存戦略 、それは

いたい!多言語からも簡単に ruby のメソッド呼び出し/結果取得したいお><

YAML で問題になるのですぐにわかりそうなのは

  • Proc が復元できない
    • DRbObject に対する block, 結果の Proc に対応できない
  • インスタンス変数が復元できない
  • marshal_dump/load をわざわざ用意していても意味がない
  • 遅い

まぁここら辺は意識して使わなければよいとする。で、YAML にしてみた。ら、DRbObject が DRbObject を返すようなパターンでうまく復元できなくて軽く追っかけてみたけどわからんかった。うーん。

m_sekim_seki2006/10/12 15:53お。わりとゆるく聴くタイプなので、難しいパスは注意ね。

secondlifesecondlife2006/10/12 15:58ぼくもゆるいので問題ないです!

m_sekim_seki2006/10/12 18:35dRubyは分散Rubyだからね。XML RPCの類じゃだめなの?

secondlifesecondlife2006/10/12 18:38簡単に Ruby のインスタンスを別言語からたたけたらなぁ、と思いまして。dRuby のお手軽さはすばらしいので!

トラックバック - http://subtech.g.hatena.ne.jp/secondlife/20061012