tokuhirom@株主の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-11-08

TCPレイヤ単位時間の過剰アクセスを感知するシステム 00:25 TCPのレイヤで単位時間の過剰アクセスを感知するシステム - tokuhirom@株主の日記 を含むブックマーク

社内からのアクセスが Deny されてマズー。という状況がありがち(笑)

Perlbal その2 23:47 Perlbal その2 - tokuhirom@株主の日記 を含むブックマーク

SixApartの宮川さんに助言を頂きつつ、Perlbal の設定をホゲホゲと。

ドキュメントテラナサス。日本語のドキュメントが無い!とかだったら良いんだけど、英語のドキュメントも無い。サンプルの設定ファイルを見たり、なんだり。

それと、nodes コマンドが便利ぽいと思った。楽しげ。

あと、マネージメントポートの使い方がわからなくて困りまくってたのだが、miyagawa さんに telnet で話しかければ良いと教えてもらったので、試しまくりんぐ。楽しげ。設定を変えたい時にいちいちロードバランサを再起動しなくて良いのがよさげ。

Perlbal を試してみる 10:44 Perlbal を試してみる - tokuhirom@株主の日記 を含むブックマーク

ちょっとだけ試してみる。ドキュメント少なくてハマる。

Pound と違って、バックエンドサーバグループを定義できるので、複数のプロジェクトでバックエンドサーバグループを共有している時の定義はスッキリする。

一方、サービスごとの設定においては、

CREATE SERVICE test
    SET role            = reverse_proxy
    SET pool            = test_pool
    SET persist_backend = true
ENABLE test

と書かねばならず、二回 test と書かねばならんのがめんどい

----

Pound と同様に SSL は使える。Virtual Host も使える。このパターンマッチした URL はこっちに飛ばす、とかはできないぽい(拡張すれば可能なのかもしれませんが)。

----

doc/config-guide.txt の中に書いてあるコマンドを打つ場所がわからない。

miyagawamiyagawa2005/11/08 11:24>コマンドを打つ場所
management port に telnet でつないで打つ、かな?

tokuhiromtokuhirom2005/11/08 11:26あー。なるほどー。できました!

miyagawamiyagawa2005/11/08 11:57ちなみにサービス名を2回書くのはそれと関係あり。
例ではインデントしてあるけど実際はしなくてもよい(1文ずつがコマンド)
ENABLE してはじめて有効になるので。

tokuhiromtokuhirom2005/11/08 12:00構文を一行ごとに簡略することによって実装を簡単にしたかわりに、二度書かなくてはいけなくなった、ということですね。

miyagawamiyagawa2005/11/08 14:34実装を簡単にしたんじゃなくて、1個ずつをコマンドにしてmanagement port からアトミックに実行できる、ということですよ。

tokuhiromtokuhirom2005/11/08 23:31ふむふむ。management port から設定ファイルと同じ内容を流しこめば、同じことができるわけですか。面白そうです。

yokoyamenyokoyamen2007/04/10 19:06日本語ドキュメントカモン

 |