クラムチャウダー現象

クラムチャウダー現象

太平洋赤道域の中央部(日付変更線付近)から南米ペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象です。

今年の冬、例年に比べ気温が低いのは「クラムチャウダー現象」の影響によるものだと言われています。