Hatena::Groupsubtech

ういはるかぜの化学

Saturday, October 17, 2009

デスクトップコンポジションの有効・無効時パフォーマンスの差 01:13 デスクトップコンポジションの有効・無効時パフォーマンスの差 - ういはるかぜの化学 を含むブックマーク はてなブックマーク - デスクトップコンポジションの有効・無効時パフォーマンスの差 - ういはるかぜの化学

クラシックBasic テーマのほうが絶対軽いお!という方に。場合によってはそーでもないという比較。

デスクトップコンポジションというのはVistaAero(またはBasicVista スタンダードテーマ)で使われる描画方式です。

Windows 7では影もエフェクトオフに出来るようになったのでしょぼいコンピュータでも良い感じに動きます。

ムービーでわかるようにVAIO type Pなどという破滅的に遅いコンピュータでは、ウィンドウのZオーダーを変えた際に再描画が発生しない分さっくり切り替わります。再描画のコストがバカにならないようなコンピュータだとそうなるという。恩恵を受けた例ですね。

こう言うのはただの描画ベンチマークだとでない差かも。

トラックバック - http://subtech.g.hatena.ne.jp/mayuki/20091017