yanbe.diff このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-16

複数のブログのはてブとDeliciousの新着ブクマを集約するYahoo! Pipes

18:27 |  複数のブログのはてブとDeliciousの新着ブクマを集約するYahoo! Pipes - yanbe.diff を含むブックマーク はてなブックマーク -  複数のブログのはてブとDeliciousの新着ブクマを集約するYahoo! Pipes - yanbe.diff  複数のブログのはてブとDeliciousの新着ブクマを集約するYahoo! Pipes - yanbe.diff のブックマークコメント

作った.

no title

ホントはLivedoor Clipにも対応したかったけど/pageはフィードを吐いてなくて,/siteは個別のユーザのブックマーク情報を含まない,ページ単位の新着フィードなので,今回の用途に合わないため見送った.

Synergyのキーボード配列の国際化問題

14:20 | Synergyのキーボード配列の国際化問題 - yanbe.diff を含むブックマーク はてなブックマーク - Synergyのキーボード配列の国際化問題 - yanbe.diff Synergyのキーボード配列の国際化問題 - yanbe.diff のブックマークコメント

Synergyはネットワーク越しに複数のマシンでキーボードとマウスを共有するツールである.Synergyは,マシン間で複数のキーボード配列(US配列やJIS配列)が混在している場合に,その違いを考慮してくれない.結果として共有先のクライアントでは(US配列のキーボードがJIS配列として認識されたような状態)になり,その上いくつかのキーは入力できず,事実上,実用的には使えない.

この問題を部分的に解決するために,有志によっていくつかのバイナリが公開されている.しかし複数存在するOS・キーボード配列・クライアント/サーバの組み合わせのうち特定のもの解決するにとどまっており,私の環境(Linux・US配列・サーバ)-(MacJIS配列・クライアント)では使えなかった.

SynergyKM-Beta6日本語キー対応版(MacからWindowsを操作するとき専用)を公開 - saburahuのブログ

SynergyでMac側をサーバにしたときにcmdやoptionのマッピングを変える 解決編 - ApplePedlarの日記

後者のエントリにSynergyKMにおける変更点が記述されているので,これを基にまずは私の環境に合うように変更し,余力があればSynergyKM側でGUIから設定出来るようなパッチを書いて作者に送ろうと思う.

追記

よくマニュアルを読んでみるとSynergyはもともと上記のような問題に対応するための設定が出来るようで,本体の改造は要らなそう.

  • keystroke(key) = actions

Binds the key combination key to the given actions. key is an optional list of modifiers (shift, control, alt, meta or super) optionally followed by a character or a key name, all separated by + (plus signs). You must have either modifiers or a character/key name or both. See below for valid key names.

Actions are described below.

http://synergy2.sourceforge.net/configuration.html#actions

今回問題となっている記号類はおおむねvalid key namesに含まれ,カスタマイズ出来るようになっているようだ.

しかし,この設定項目の挙動がいまいちつかめていない.この設定項目は,keystroke(a) = keystroke(b,ym) みたいに設定すると(スクリーンymではaを押したときbが入力される)という意味なのだけど,Shiftが絡んだり記号類を設定しようとすると意図したようにマッピングされない.おそらく,以下で説明されているように,US配列とJIS配列で物理的なキー配置と対応するスキャンコードが違うからなのだろう.

no title

この表にもとづいて,最大限US配列っぽく使うには~/.synergy.confに以下のように追記すればよいことが分かった.

section: actions
  keystroke(Shift+2) = keystroke(BracketL,ym)
  keystroke(Shift+6) = keystroke(Equal,ym)
  keystroke(Shift+7) = keystroke(Circumflex,ym)
  keystroke(Shift+8) = keystroke(DoubleQuote,ym)
  keystroke(Shift+9) = keystroke(Asterisk,ym)
  keystroke(Shift+0) = keystroke(ParenthesisL,ym)
  keystroke(Shift+Minus) = keystroke(\u005f,ym) # underscore
  keystroke(Equal) = keystroke(Underscore,ym)
  keystroke(Shift+Equal) = keystroke(Colon,ym)
  keystroke(BracketL) = keystroke(BracketR,ym)
  keystroke(Shift+BracketL) = keystroke(BraceR,ym)
  keystroke(BracketR) = keystroke(Backslash,ym)
  keystroke(Shift+BracketR) = keystroke(Bar,ym)
  keystroke(Shift+Semicolon) = keystroke(Apostrophe,ym)
  keystroke(Apostrophe) = keystroke(Ampersand,ym)
  keystroke(Shift+Apostrophe) = keystroke(At,ym)
  keystroke(Backslash) = keystroke(\u00a5,ym) #backslash
  keystroke(Shift+Backslash) = keystroke(\u008d,ym) #pipe
end

ただし,

Keys that don't exist on the keyboard or in the default keyboard layout will not work.

http://synergy2.sourceforge.net/configuration.html#actions

とあり,これが原因で,アンダースコア(_),バックスラッシュ(\),パイプ(|)が入力できないという問題がある.JIS配列でこれらの記号のに対応するスキャンコードを,US配列のキーボードが出力することが出来ないからだと思われる.

さらに,ここで設定した記号類はsynergyを起動中はサーバー側で入力することが出来ないという問題も発生する.

これ以上の操作感の改善はSynergy本体を修正する必要があると思われる.

Rascutのあまり便利さに感動したので英語で紹介記事書いた

01:24 |  Rascutのあまり便利さに感動したので英語で紹介記事書いた - yanbe.diff を含むブックマーク はてなブックマーク -  Rascutのあまり便利さに感動したので英語で紹介記事書いた - yanbe.diff  Rascutのあまり便利さに感動したので英語で紹介記事書いた - yanbe.diff のブックマークコメント

ここまでの経緯は一つ前のエントリで.

Yusuke Yanbe’s blog: Rascut for Smooth Development on ActionScript/Flex SDK

これは○万人は居るであろう世界中のFlex SDKユーザーに使われるべき.

KaydenKayden2011/08/16 14:22Good ptoins all around. Truly appreciated.

kuhtvvabhkuhtvvabh2011/08/16 18:46aLnoTa <a href="http://bcqmtpdwnojr.com/">bcqmtpdwnojr</a>

npcsavqfnpcsavqf2011/08/18 22:44Zg92AP <a href="http://xysxdlhqsvry.com/">xysxdlhqsvry</a>

asejyxasejyx2011/08/29 22:251od5JJ , [url=http://ryhqnvmnjaxv.com/]ryhqnvmnjaxv[/url], [link=http://pqjndnwrnzli.com/]pqjndnwrnzli[/link], http://ybyailbqstow.com/

トラックバック - http://subtech.g.hatena.ne.jp/y_yanbe/20081116